企業は、事業活動を通して新たな価値を生み出し、利益を得ます。
利益を出すには、資金調達、製造、販売などを通した活動を行う必要があります。
これらの活動によって、売上を伸ばすことができますが、一方で、費用を抑える必要があります。
企業活動では、設備投資や返済、仕入れなどの費用の他に、税金を支払う必要があります。
税金は、企業の活動に応じて、税務署に決算申告などを行い、納税する必要があります。
企業は、事業活動に利用できる資金を少しでも増やすことで、次の売上につなげる必要があります。
そうなると、納税は、企業にとっても大きな負担になってしまいます。
そこで、ほとんどの企業が節税対策を行うことになります。
節税対策を行うには、個人でできるものもありますが、脱税につながる可能性があります。
節税は、法律に準じた適切な税額を収めつつ、納税額を節約することです。一方で、法律に反して納税額を節約することを脱税といいます。
脱税は、法律違反であり、ペナルティが課せられることや、企業の活動に多大な損失を与えることになります。
脱税にならないために、多くの企業は、税理士を雇うことがあります。

・税理士
税理士とは、税法に関する法律の専門家のことをいいます。
地域に根ざした職業であり、税に関する相談をすることができます。
守秘義務や相談者である個人や法人との信頼関係を築くことが求められます。
また、公正な立場に立ち、国と国民との間で使命を全うする必要があります。そのため、税理士会という組織によって運営されています。
さらに、申告納税制度を推進する役割も持っています。
この業務にはさまざまなものがあります。
具体的には、税務業務、税務相談、コンサルティングなどです。
税務業務では、確定申告、青色申告の書類作成や税務署への申請代理を行います。
申告に問題がないかをチェックしながら、節税のアドバイスなどをすることができます。
税理士は、税法の専門家であるため、税務に関するあらゆる相談を受けることができます。
企業の多くは、少しでも節税するために、税理士に節税について相談することも少なくありません。
更に、コンサルティングを行うこともあります。これは、会計業務の一部を請け負うことや、節税についてのアドバイスや、経営についてのアドバイスをする業務です。
最近では、e-Taxの代理業務を行う場面も増えています。
税理士は、国家資格の一つであり、よく混同される国家資格の一つである、公認会計士が税務業務を行うこともあります。
しかし、税法については税理士のほうが専門であり、節税対策について幅広く相談することができます。
一方で、公認会計士は、会計業務の専門家であり、基本的には監査業務を行うことがほとんどです。

オススメリンク

自分の知識だけでは解決できない!千葉の税理士ならこちらにおまかせください。小さなことでもしっかり対応してくれるので一度相談してみませんか?
大阪の税理士で事業継承に強い|小野山公認会計士・税理士事務所
クラウドで決算申告するなら:堂上税理士事務所

財務省看板

法人税

企業は、所得税の他に、法人税も申告する必要があります。個人で…Read more
財務省

代行

企業は、設立後にあまりに多くの申告や業務に追われることがあり…Read more